Opera(オペラ)

スペック

スペック


Opera(オペラ)2グループ寸法Opera(オペラ)3グループ寸法Opera(オペラ)縦、奥行き寸法
 

2gr

3gr

電力電力
  • 電力:三相200v系
  • トータル消費電力:7700w
  • 電力:三相200v系
  • トータル消費電力:8750w
スチームスチーム
  • ボイラー容量:8Lt
  • 電力:3800w
  • 外付けポンプ(給水):150w
  • ボイラー容量:10Lt
  • 電力:3800w
  • 外付けポンプ(給水):150w
プレインフュージョンプレインフュージョン
  • ボイラー容量:2.8Lt
  • 電力:1600w
  • カップウォーマー:250kw
  • ボイラー容量:2.8Lt
  • 電力:1600w
  • カップウォーマー:250w
グループグループ
  • ボイラー容量:1Lt
  • 電力:1600w
  • ポンプ:13.5w
  • ボイラー容量:1.5Lt
  • 電力:2400w
  • ポンプ:13.5w
寸法寸法 幅745×高さ440×奥行き654mm 幅1040×高さ440×奥行き654mm
重量重量 本体重量:91kg/梱包重量:138kg 本体重量:113kg/梱包重量:169.5kg
付属品付属品 シングルホルダー×1、IMSシングルフィルター×1、ダブルホルダー×2、IMSダブルフィルター16-18g h.26×2、IMSダブルフィルター 18g-22g h.28.5×2、ブラインドフィルター×1 シングルホルダー×1、IMSシングルフィルター×1、ダブルホルダー×3、IMSダブルフィルター16-18g h.26×3、IMSダブルフィルター 18g-22g h.28.5×3、ブラインドフィルター×1

機能


機能概要
ステンレス製グループヘッド

高品質のAISI 316Lステンレス鋼グループヘッド

サンレモ独自の設計。抜群の保温性と、酸化やスケールを最大限に抑える。

高品質のステンレス鋼フィルターホルダー

高品質のAISI 316Lステンレス鋼フィルターホルダー

サンレモ独自の設計。最上のコーヒーのアロマと香りを醸し出す形状と容積。

動きが自由自在なスチームノブ

動きが自由自在なスチームノブ

高品質のAISI 316Lステンレス鋼製。どの向きにノブを動かしてもスチーミングができる。

断熱 (クールタッチ) スチームパイプ

“断熱 (クールタッチ) ”スチームパイプ

高品質のAISI 316Lステンレス鋼製。抗スケールのパイプとラテアートに最適なスチームノズル付き。

CDS

コーヒー抽出制御システム(CDS)

抽出の3段階(前蒸らし、抽出、後蒸らし)の数値を全制御。

Card image

抽出温度のPID温度調整

精確に設定 (調整値±0.5℃、常時誤差は0.2℃以下)。

Card image

熱湯注出ディスプレイ

ティーやハーブティー用の熱湯注出温度を表示。(オペラ2グループでは、スチームボイラーディスプレーと合わせて表示される。)

Card image

スチームボイラーディスプレイ

スチームボイラーの蒸気圧と温度を表示。(オペラ2グループでは、熱湯注出ディスプレーと合わせて表示される。)

Card image

コーヒー抽出ユニット一括表示

コーヒー抽出に関する全数値の表示と制御。

Card image

マシンの設定値を表示

マシン内部の技術者専用ディスプレーは設定が手軽にできるインターフェース。

熱湯のミックス注水

プレ・インフュージョン(前蒸らし)のメモリー設定

0.1秒刻みの精確な注水で、コーヒー床を湿らせる。各グループ4パターン設定可。

Card image

ギアポンプ

抽出中に抽出圧を変えられる各グループ専用のギアポンプ。

電子圧力スイッチでボイラー蒸気圧を調整

電子圧力スイッチでボイラー蒸気圧を調整

0.02barの精密なセンサーでどんな使用状態でもボイラー蒸気圧を一定に保つことができる。

カップヒーター温度を設定できる

カップヒーター温度を設定できる

マシンが使用されるそれぞれの気候・環境下でカップを最適温度に保つことができる。

Card image

確実な修理

確実な技術サポートができるようマシン内部の部品に時短アクセス。

自動診断、統計データ、定期保守

自動診断、統計データ、定期保守

コーヒーの抽出量と杯数で定期的にメンテナンスできる。

自動「入」「切」「休日」機能

自動「入」「切」「休日」機能

「入」「切」タイマーで平日、休日の電源オン/オフが設定できる。

プロの清掃サイクル

プロの清掃サイクル

清掃手順のガイドに従って抽出ユニットを清掃。

省エネシステム

省エネシステム

保温とエネルギーのハイテク管理で30%までエネルギーを削減。

コーヒー抽出制御システム(CDS)


DCS/コーヒー抽出制御システム
コーヒー豆の種類 プレ・インフュージョン(前蒸らし)

CDS(CONTROL DELIVERY SYSTEM)

オペラはプロ専用のエスプレッソマシン。
オペラでバリスタは本来の自分を表現することができます。CDS(コーヒー抽出制御システム)で、バリスタは豆の密度や焙煎(煎り具合)を考慮して、3段階の抽出(前蒸らし・本抽出・後蒸らし)を精確に制御できます。

シングルオリジンもブレンドも、コーヒーにはそれぞれ異なった特性があり、各コーヒーに応じた抽出方法も様々です。バリスタは変数や濃度を操作して、特定のオリジン・密度・焙煎方法に合った抽出を微調整できます。ですから、バリスタがどんなアロマも逃さず、特性を最大限に生かせる高圧量にすることが出来ます。

プレ・インフュージョン(前蒸らし)

プレ・インフュージョン
やさしい圧で前蒸らし

コーヒー豆は形状、焙煎、挽き具合などそれぞれみな違っており、抽出にも影響します。
極上で均一のコーヒー抽出には前蒸らしの数値を制御するのが不可欠です。

前蒸らしは抽出の第一段階です。ソフトな抽出圧(最大3bar)でコーヒー粉を湿らせ、次に最適な抽出ができるよう準備する役割があります。また、やさしくコーヒー粉を膨らませ、本抽出時のチャネリングを防ぎます。

インフュージョン(本抽出)

インフュージョン
究極の熱安定度で抽出

最高品質の部品、細密センサー(5箇所)とマルチボイラーシステムの搭載により、0.1度単位で調整できる究極の熱安定性を保証。
温度制御システムは、それぞれ熱湯の温度と各グループの温度を素早く変えることを可能にします。

各グループのギアポンプによる圧力駆動システムで、抽出中に理想的な抽出圧の加減が各グループごとにできます。
高圧がかかる丁度良い時間と、アロマをすべて溜め、特性を最大限に生かす、その抽出段階の切り替えの絶妙なタイミングを保証します。

ポスト・インフュージョン

ポスト・インフュージョン
最後の風味まで逃さない

ご使用のコーヒータイプにあわせ、後蒸らし時間を調整。抽出のクオリティを下げる「苦味」を除去し、1杯の仕上がりを改善します。

オペラでは1杯の最後の抽出を決定する、このデリケートな段階の数値を調節できます。

後蒸らしはコーヒー抽出を完結する最終段階です。通常は高抽出圧で苦味が増してしまうところ、低抽出圧で苦味を抑え、可溶性物質とアロマを引き出し抽出します。

マルチボイラーシステム


マルチボイラー

マルチボイラーシステム

抽出の全段階で自在に温度管理ができる高性能のマルチボイラーを搭載しています。 蒸気とコーヒーは完全に独立して動作し、高い作業負荷下でも正確に作動します。
グループヒーターによって抽出時の温度も保つことができます。

  • T1=プレ・ヒーティングボイラー
  • T2=グループボイラー
  • T3=グループヒーター
  • T4=グループヒーター/電磁弁
  • P1/T5=スチームボイラー

抽出のすべてを操作できるグループ ディスプレイ


グループヘッドのディスプレイ

グループ・ディスプレイでは、各グループの抽出に関わる全数値を設定、操作できます。
(1グループで抽出レバーを手前に引き(3パターン)、押す(3パターン)合計6種類の抽出設定可能)

  • 抽出温度:各抽出段階で精確な温度設定
  • 抽出圧:3三段階に展開(前蒸らし/本抽出/後蒸らし)
  • 抽出量(ml/g)
  • 抽出時間(秒)

焙煎にあわせた抽出

3グループでは計18種類の設定が可能です。新しいトレンドのシングルオリジンもブレンドも最高の抽出ができるよう各グループで複数の抽出設定が可能です。

待機中

待機中

プレ・インフューション

プレ・インフュージョン

(前蒸らし)

インフュージョン(本抽出)

インフュージョン

(本抽出)

ポスト・インフュージョン(後蒸らし)

ポスト・インフュージョン

(後蒸らし)

ボイラーと熱湯用ディスプレイ


ボイラーと熱湯用ディスプレイ

高性能電子センサーが圧、温度、水位を計測します。
各数値は常時リアルタイムで測定さて、瞬時に確実に操作できます。

ボイラーディスプレイの見方

強力ドライスチーム


強力ドライスチーム

構成高性能スチーム機能

オペラは、最新型変換器による電子制御装置により高性能でドライなスチームを保証します。
誤差のない高性能スチームと最高のサンレモテクノロジーで、創造性を存分に発揮してください。

  • 専用のスチームボイラー(大容量と早いリカバリー)
  • 自由に動かせるノブ
  • 直接触っても熱くないクールタッチ仕様のスチームパイプ

オペラ専用アプリ


オペラ専用アプリ

オペラ専用の特別なアプリを開発し、マシンの全数値を設定可能にしました。
インターフェイス「EXPRESS YOURSELF」を使って、バリスタはプロの技術と経験で自由にコーヒー抽出の数値を総合的に管理できます。

操作画面はわかりやすく、直感で操作することが可能で、完璧な抽出のために各グループで必要な数値を精確に設定できます。

  • ステップA:グループを選択
  • ステップB/C:抽出の種類を選択
  • ステップD/E:抽出温度と量を設定
  • ステップF:抽出の3段階の数値を調整(前蒸らし・本抽出・後蒸らし)

アプリによる一括管理

数値を精密に設定

acaia社と共同開発


acaia社と共同開発
システム・オペラIST(スケール一体型テクノロジー)

容積測定方法は抽出を正しく測る理想的な方法ではありません。というのも、エスプレッソの抽出量にクレマが大きく影響するからです。

フィルター内のコーヒー粉と抽出したコーヒーの重量をそれぞれ計測して、初めて抽出比率の管理が可能になります。
抽出グループの下に重量を計測できるシステム・オペラIST(スケール一体型テクノロジー)を搭載し、スケールから送られたデータを読み込み、希望の抽出比率を確立できます。

卓越したオペラのスケール搭載テクノロジーによって、お好みの抽出比率を精確に計り、完璧な一杯を淹れることができます。

acaiaのスケール

環境にやさしいリチウムイオン電池を搭載。
USB充電式で20~30時間稼動。Bluetooth機能を使用してアプリと同期することが出来ます。

プロのバリスタが愛用するacaiaスケールは最小0.1gから最大2000gまでの計量が可能で誤差+/-0.05gと高精度。デザイン性も優れたLEDディスプレイは照明の暗いシーンにも対応しています。

ホルダー&フィルター


専用ホルダーとフィルター

ロゴが入った専用ホルダーとIMSフィルター

オペラのロゴが入った専用ホルダー、フィルターには理想的な抽出とコーヒーのアロマを強化を確立するためにデザインされたIMSを採用。
均等に開いた円錐形の穴は内面まで電気研磨され、ホール部分のミクロの凹凸を極限までなくすことで、精密かつ均等な抽出が可能になりました。
表面はミラーポリッシュ(鏡面仕上げ)にるすことで、汚れやコーヒーカスの付着までもが大幅に低減されお手入れも簡単になりました。

オペラの設置について


オペラの設置に色々な条件が必要です。
いままでのマシンであれば台において電気、水道の接続で完了していました。
しかし、オペラは微妙な水道圧の変化に敏感な為に、適切な水道圧が必要です。

その水道圧を得るために加圧ポンプ、調製弁を取付けてオペラに最適な水道圧を確保しています。

カスタマイズ


詳しい内容はこちら