エスプレッソマシン専門店 国内最大級の品揃え 大一電化社

無料お見積り・お問い合わせ
0743-63-1070
営業時間 平日10:00~17:00(定休日:土・日・祝)
オンラインショップはこちら▶
無料お見積り・お問い合わせ  0743-63-1070
営業時間 平日10:00~17:00
(定休日:土・日・祝)
メールでお問合せ・お見積りはこちら▶
オンラインショップはこちら▶
  1. ホーム
  2. よくあるご質問
  3. マシンの症状

使用

30秒で30ccはちみつが落ちるような状態で抽出されるのがベストです。

粉がフィルターに入りすぎていることが考えられます。 フィルターの縁の少し下ぐらい(フィルターによってはラインが引いてある)が適量です。

苦味が強いのは、コーヒーの挽き(グラインド)が細かすぎる、あるいはタンピングが強すぎることで過抽出になっていると考えられます。グラインドの調節、またはタンピングを少し弱めてください。

コーヒー豆の酸化、グラインドが粗い、タンピングが弱く傾いているなどの原因が考えられます。新しい豆を使う、グラインドを細かめに調整するなどを行ってください。

抽出

タンピングの際、粉が水平ではないことが考えられます。 粉が水平になるようにタンピングを調整してください。または、ホルダーの内部が汚れている可能性があります。フィルターを外して洗浄を行ってください。

抽出が遅い
粉の詰めすぎ、または挽き(グラインド)が細かすぎることが考えられます。粉を少なくするか、グラインドを少し荒くしてください。

抽出が早い
挽き(グラインド)が荒いことが考えられます。グラインド設定を細かくしてください。

いくつか原因が考えられます。

タンクの水切れ:タンクに水位検知できるほどの水がない

止水栓が閉じている:止水栓が開いているか確認してください。

ホルダーあり:コーヒー粉の挽き(グラインド)が細かすぎる、またはタンピングが強い場合があります。粉を少し荒くするか、タンピングの力を弱めてください。

ホルダーなし:抽出音だけしてお湯が出ない場合、配管に空気が詰まるエアロックのが起きたと考えられます。
解除方法:スチームバルブを開きボイラー圧を0にして、再度立ち上げ直してください。
エアロックは電源をつけたまま長時間抽出を行わない状態が続くと配管内の水が熱で蒸発し、溜まった空気が邪魔になり水を通さない状態です。

ポンプなどのマシン内部にカルシウムやミネラルが溜まっている場合は、修理工房へ修理をご依頼ください。

水漏れ

抽出口からの水漏れはガスケットの劣化による場合が多く、シャワーフィルターと一緒に定期的な交換がおすすめです。 交換しても漏れる場合はフィルター・フォルダーがしっかりとはまっていない可能性があります。

オンラインショップでパーツを購入

抽出時の余分なお湯を抜くためにお湯が排出されます。 抽出後などに水、お湯が出るのは問題ございませんが、使用していないときなどで止まらずお湯、水が出ている場合は故障が考えられます。

ドリップトレイの水が満水になっている可能性があります。トレイの水は定期的に捨ててください。

ドリップトレイ下の排水ボックスが詰まっている可能性があります。定期的に洗浄を行ってください。

スチーム

ノズルの詰まり、あるいはボイラー内のスチームが空の可能性があります。

ノズルの詰まり:スチームノズル内にミルクが付着し、固まっている可能性があります。
ノズルを湯、水に浸し固まりを柔らかくしてから一気にスチームを出して詰りを押し出してください。 ミルクピッチャーに水を入れ、スチームをふかし続けてください。それでも改善されない場合はスチームノズルをいったん閉め、ノズルを洗い、詰まっているノズルの穴を針等できれいにしてください。

ボイラー内のスチームが空:マシンの温度が適切な温度に達していない場合があります。圧力計が適正な位置まで上がっているかを確認してください。

スチームノズルにおすすめの洗剤(オリジナルクリーナーMIRAC)

出ないほうのノズル内にミルクが付着し、固まっている可能性があります。
ノズルを水に浸し、スチームを出して付着物をふきだしてください。ミルクラインクリーナーによる洗浄をおすすめします。

スチームノズルにおすすめの洗剤(オリジナルクリーナーMIRAC)

冷えている牛乳を使ってスチーミングを行って下さい。 熱かったりぬるくなっている牛乳はご使用にならないでください。
*ステンレス・スチール製のピッチャー(できれば冷えているもの)をご利用になってください。

スチームノズルにお湯が残っていないか確認してください。
*低脂肪やスキムミルクではなく、全乳をご使用ください。
*コーヒー抽出時に出すお湯の量が多すぎないようにしてください。
*コーヒー・パウダーの量を増やしてみてください。

ボイラー・ポンプ(抽出)圧力

スチーミングを行うと、ボイラー内の蒸気圧が下がるため、メーターの針が一時的に下がります。少し経つとボイラー内に蒸気が溜まり圧が上がります。

スチームを数回空出しし、圧力計の針が緩やかに下がるかを確認してください。
抽出口からお湯を約100cc出し、スチームが出るかを確認。メーターが下がる場合は一度電源を落とし5秒後に「立ち上げ準備」を行ってください。

ポンプ圧は抽出時にかかる圧力を示しています。抽出時に上がり、抽出を止めると圧は下がります。
8bar程度が抽出に適した圧力と言われています。

PAGE TOP