タンク式マシンご購入予定の皆様へ

購入後に後悔しないために、タンク式エスプレッソマシンの不便なところや注意点など、ウイークポイントやネガティブな特性をあえて細かく記載しました。

*このようなページを作った当社の考え

お客様のご希望に沿える商品か確認いただき、疑問点は当社営業部(info@daiichi-mottainai.com)までご遠慮なくお問い合わせください。

 

マニュアルタイプマシン全般にいえること

  1. 全自動マシンではないので、誰でも簡単に淹れることは出来ず、ある程度の知識と技術が必要です。当社のセミナーをお受けいただくのがベストです。
  2. 全てのエスプレッソマシンは高温と水圧・大きな電圧と電流にさらされます。そのためテレビや冷蔵庫など他の電化製品と比べると故障リスクが高いとお考え下さい。
  3. 故障リスクを下げるには毎回・毎日・定期的メンテナンスが必要です。
  4. マシンの不具合や故障の場合はまずは修理工房にご連絡ください。営業でお使いの場合は貸出マシンをお送りすることもしています。ただし貸出機発送は数日後(年末年始GWなど連休による)になる場合があります。
  5. 厨房機器ですので、衛生管理のためにも毎日の清掃を徹底してお願いします。

 

タンク式マシン(ヒートエクスチェンジャー熱交換タイプ)全般にいえること

  1. ボイラーが小さいので(大型マシンに比べ)スチームパワーも量も少なくなります。同じ理由で連続抽出すると抽出温度が下がりますし、スチームパワーも落ちます。1回使うと1分近く待つ心づもりをお願いします。
  2. 使用せずに時間が経った後の1杯目は、構造上抽出温度が高くなります。
  3. 抽出すれば自動給水されますが、ボイラー温度が下がる為そのタイミングでスチーム圧や抽出温度が大きく下がることがあります。
  4. スチームを多用すればボイラーの温度が下がり、抽出温度も同様に下がります。
  5. ボイラーが3L未満の場合は大き目のピッチャー(20ozくらい)でミルクスチームすると途中から弱くなり、連続でスチームはできない場合があります。12ozでも連続スチームには向いておりません。
  6. タンク底から給水するタイプは、水漏れ防止のため給水タンクの取り外しが固いです。
  7. ドレンパンが狭いので、大きめのスケールは置けません。
  8. 排水トレーがあまり大きくないので、頻繁に排水を捨てる必要があります。
  9. レバースイッチマシンは、自動でお湯は止まりません。
  10. タンク式・水道直結両用タイプはポンプが小さいので吸い上げる力が弱く、水圧が弱くなる時間帯など設置環境によって不具合が起きる可能性があります。基本はタンク式での使用を推奨しております。
  11. タンクの水が半分くらいになると安全装置が入り電源が切れます。通常20杯程度使ったら給水してください。
  12. グループヘッド金属部分はとても熱くなるので、火傷にご注意ください。
  13. 商品寿命は使用頻度、お手入れ具合、消耗品交換度合など使用環境によって大きく変わりますが5年から8年を目安としてください。

 

パドル式圧力可変マシンR9oneにいえること

1.抽出圧力を安定させるために使用前にエア抜きの必要があります。