【商品紹介】ラスカラ社バタフライ~LA SCALA Butterfly~

こんにちは、営業の松本です。

今回はイタリアのマシン会社であるラ・スカラ社のタンク式エスプレッソマシン、バタフライについて説明していきたいと思います。

商品ページを先に見たい方はこちらからどうぞ>>

ラ・スカラ社、会社概要

イタリア・ヴェネツィアにあるラ スカラ社は、ホテルを30年近く運営してきた複数の事業家によって1997年に設立しました。

彼らは、ホテルビジネスで培ったノウハウを経営や製品作りに活かし、エスプレッソマシンを作り手の立場ではなく、購入する側の立場から設計することにこだわりました。

スタイリッシュなデザインでありながら社内努力でリーズナブルな製品を作っているのが特徴です。

 

【検証動画】エスプレッソ・カフェラテ抽出

まずは見たほうが早いとおもうので、動画をどうぞ。

エスプレッソとカフェラテをそれぞれ抽出しています。

L1(レバースイッチ) A1(メモリースイッチ)

問題なく抽出・ラテアートをすることができます。

 

Butterfly(バタフライ)の商品詳細

バタフライはL1とA1の2種類があります。

L1はスイッチを手動で切り替えるレバースイッチタイプ。

A1は抽出の秒数設定ができるメモリースイッチタイプとなります。

バタフライL1(レバースイッチ) バタフライA1(メモリースイッチ)
  • 寸法:幅320、奥行450、高430(mm)
  • 給水方法:タンク式
  • タンパー口径:58mm
  • 搭載ポンプ:バイブレーションポンプ
  • ボイラー容量:2リットル
  • タンク容量:2リットル
  • 電圧:単相100V系 50/60hz
  • 消費電力:1300W
  • 本体重量:25kg
  • 1日の抽出量目安:40杯
  • 寸法:幅320、奥行450、高430(mm)
  • 給水方法:タンク式
  • タンパー口径:58mm
  • 搭載ポンプ:バイブレーションポンプ
  • ボイラー容量:2リットル
  • タンク容量:2リットル
  • 電圧:単相100V系 50/60hz
  • 消費電力:1300W
  • 本体重量:25kg
  • 1日の抽出量目安:40杯

付属品はどちらもこちら↓↓がついてきます。

  • シングルホルダー×1
  • ダブルホルダー×1
  • シングルフィルター×1
  • ダブルフィルター×1
  • ブラインドフィルター×1

 

使ってみた感想

タンク式の中では最大クラスの2Lボイラーを使っているだけあって、スチーム力が強いです。

弊社だけラ・スカラ社より特別仕様に改造してもらっているので、従来型よりもポンプパワーが10%アップしています。

ですので、連続抽出しても大きな問題は見当たらず、快適に抽出することができます。

コーヒーメインではない移動カフェや、ちょっとした外のイベントぐらいでしたら、問題なく使えると思います。

 

12ozピッチャーでしたら問題なく使用できますが、20ozを使われる場合や、もう少し強めにスチームがほしい場合はマジックチップの1WAYを使用されることをオススメします。

バタフライにマジックチップを付ける場合は変換アダプターが必要ですので、購入される際はお気をつけください。

※マジックチップはL1にのみ対応です。A1はハマりませんのでお気をつけください。

 

このマシンの最大の良いところは、故障率の低さにあります。

通常バイブレーションポンプとロータリーポンプでは、ロータリーのほうが壊れにくいのですが、バタフライの場合はバイブレーションでもほとんどポンプが壊れたという報告を受けたことがございません。

そういう点はお店をする上で重要になってくるのではないでしょうか。

 

バタフライをオススメするお店

比較的コンパクトなので、置くスペースがあまりないお店にもマッチすると思います。

料理がメインのお店で、食後にちゃんとしたコーヒーを淹れたいという方によく選ばれています。

バーや小規模カフェはもちろん、レストランやトラットリアなどでも人気の商品です。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

可愛らしいポップな見た目と、タンク式の中で一番スチームパワーのあるパワフルな使い心地のエスプレッソマシンです。

家庭用で買われる方もいらっしゃいますし、10~20席ぐらいの小規模のお店でしたらこちらで十分だと思います。

ぜひご検討ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

松本 雄介

大一電化社:営業・セミナー講師。 バリスタ歴10年以上。エスプレッソマシンのことはもちろん、コーヒー関連のことなら何でもお答えいたします。 プロフィール詳細は下記ウェブサイトページにて。