FOODEX JAPAN2016 イタリアバール「Caffe italia」

食のプロ向け商談展示会「FOODEX JAPAN2016」が千葉の幕張メッセ(3月8日~11日)で行われます。

今年の出展数は国内企業1200社 外国企業1800社 79の国と地域から参加され、入場者数75,000人超(昨年実績)のアジア最大級の展示会とのことです。

img-visual01

その海外パビリオンでの最大規模がホール4のイタリア館で東京のイタリア大使館 貿易促進部様がローマ本部と連携して企画運営されています。

今年のテーマはこれ↓↓

FOODEX WEBデザイン2016kitayama

各ブースにはコーヒー、ワイン、オリーブオイル、生ハム、チーズなどイタリアの極上の食材が並び、イベントエリアでは毎年イタリアバール「Caffe Italia」が設けられます。

このバールの目的はイタリア文化の象徴であるエスプレッソを日本のお客様に体験いただき本物のエスプレッソの味を知っていただくこと。

そして海外から出店している外国人と日本の出店者の皆さんにおいしいエスプレッソで一時の安息を得ていただくことです。

昨年、このイベントの視察に行った時もイタリアバールには多くのお客様が集まっていました。

0829s0796s

そして今年は、そのイタリアバールの企画運営のいっさいを弊社がすることになりました。

とてもありがたいことです。

弊社が企業使命として掲げている「日本に本物のエスプレッソ文化を広める」と完全一致のお仕事をいただいたのです。

それにイタリア大使館という国を代表するオフィシャルな団体から弊社のような地方の小さな会社にこのような大役をお任せいただけるということはすごく光栄でもありますし同時に重い責任を感じています。

弊社がお出しするエスプレッソとホスピタリティが日本はもちろん世界中からの多くのお客様に満足いただけるか、弊社の総力を挙げた4日間にしたいと意気込んでおります。

昨年末の正式オファー以来、イタリア大使館と打ち合わせを繰り返していますが、弊社が企画運営するからにはどこにでもある業務用電気ポンプ式のエスプレッソマシンではなく、イタリア伝統のピストンレバー式エスプレッソマシンを用意し、なかなか砂糖が沈まない程の超濃厚なエスプレッソを飲んでいただこうと思っています。

また、南北に長いイタリアでは北部、中部、南部でエスプッレソの味が異なります。

その違いも体験いただけるようにそれぞれの地域の特色の違うイタリアのコーヒー豆3種類をご用意し飲み比べをしていただく予定です。

また、バールに隣接して小規模店舗用のタンク式エスプレッソマシンの展示実演やラテアートの体験コーナーも設け、事前予約のお客様に限りラテアートに挑戦いただくつもりです。

このように弊社の得意分野をフル活用しイベントを盛り上げていきます。

イタリア館では弊社企画のイベントのほかにもオープンキッチンにおいてプロのシェフによるイタリア各地の郷土料理の実演・試食とレシピ披露のコーナーやワインや食材の試飲試食付きのセミナーなども多数開催されます。

FOODEX JAPAN2016の入場チケットは5000円ですが弊社のお客様向けに若干数の招待状をご準備できそうです。

チケットが届き次第、申し込みフォームをアップし、先着順で発送いたします。

申し込み開始はフェイスブックなどでお知らせいたしますのでチェックをよろしくお願いします。

カフェ業界、レストラン業界のお客様のご来場をお待ちしています。

3月8日~11日の4日間 幕張メッセでお会いしましょう!

DCIM0331DCIM0332

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

上田 隆

1959年奈良県天理市に家電販売店の2代目として生まれる。関西大学第一高等学校・関西大学卒。1987年株式会社大一電化社社長就任。その後は会社ヒストリー見てね。趣味は、オーケストラ演奏(トランペット)と読書。