F&Lコーヒー

今回は、軽井沢で焙煎の弊社ロングセラー「F&Lコーヒー」についてお話しします。

弊社が家電会社からエスプレッソマシン輸入販売会社に大きく舵を切った2002年初旬。

当時のイタリア製コーヒー豆は高いばかりであまり鮮度がよくなく国内焙煎のドリップ用の豆をエスプレッソマシンで抽出してもおいしくないし、近くの焙煎屋さんにエスプレッソ専用にブレンド焙煎をお願いしても綺麗なクレマがたちません。

せっかく本格的なエスプレッソマシンをイタリアから直輸入しているのに、入手できるエスプレッソコーヒー豆が弊社のマシンに適していないことが残念でなりませんでした。

ちょうどその頃、軽井沢の焙煎会社のオーナーから1通のメールがきました。

内容は、「今エスプレッソ焙煎の研究をしている。いずれは豆とともにエスプレッソマシンも販売したいので取引できないか」というもの。

実は、僕は当時から「卸販売はせず100%直販売」を大原則としていました。

理由は日本人になじみの薄いエスプレッソマシンだけに商品の選択を誤ったり、使い方説明を事前にきちんとしないと故障が多発しお客様に迷惑をかけることになる。

なので、全てのお客様には僕が直接説明をして販売をしていたのです。

というわけで、卸販売はしていないことを伝えたのですが、同時に今エスプレッソ豆焙煎の研究をされているのであれば、弊社オリジナルのエスプレッソ豆を共同で開発してもらえないかと打診したのでした。

もちろん快諾いただきました。

当時は、喫茶店(まだカフェって言わない時代です)やレストランにもエスプレッソがメニューになく、あっても1種類だけ。

ドリップやサイフォンコーヒーにはモカやキリマンジャロやブルマンなどと豆の種類がたくさんあるのに、またワインも料理によって白、ロゼ、赤がありそのなかに様々なボディがあるのに・・・。

だからエスプレッソも野菜の多いイタリアンの後と濃厚なフレンチの後では飲むエスプレッソの味を変えた提案ができないものか。

また、和食や中華のあとにエスプレッソを飲む文化もできるかもしれない。

だから、これから弊社が共同開発するエスプレッソ豆は、ワインにちなんでFULLBODY・MEDIUMBODY・LIGHTBODYと3種類の味わいの豆を開発することにしました。

それにちなんでブランド名もF&Lと命名。

僕と焙煎マイスター小野氏とのF&Lプロジェクトがスタートしました。

当時主力で販売していたエスプレッソマシンとグラインダーを軽井沢の小野さんの工房に送り小野氏が試飲できる環境を作りました。

小野氏からは様々な試作品の中からご自身がおいしいと思えるものを僕に送っていただき、こちらでも同じマシンセットで試飲をして互いの感想をぶつける日々が始まりました。

何回いえ何十回サンプルを送っていただいたでしょう。

小野氏の試飲段階で没になったものもあるでしょうからものすごい数の試作品の中で3種類の基本ラインの豆をえらんだのがライトボディNo.36、ミディアムボディNo.89、フルボディNo.135の3種類です。

全てアラビカ品種で上品かつ繊細に仕上がっています。

その後、この基本ラインをさらに細分化した味のMolt 3種類。Primo 3種類 合計9種類の味を揃えました。

さらにまた、ドリップ用コーヒーやアイス用コーヒーなども15種類を発売し、今でも多くのカフェ、レストラ、ご家庭でお使いいただいています。

これらのコーヒーは全て、ブランド指定した農園から生豆を仕入れ、ハンドピックで不良豆や異物を取り除き、オーダーが入ってからブレンド、焙煎しています。

出荷に際しては、豆のままでも挽いた状態での袋詰めも可能です。

挽き目は6段階が選べます。

全てが、日本人の味覚にあった上品で繊細な味です。是非一度お試しください!

078

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

上田 隆

1959年奈良県天理市に家電販売店の2代目として生まれる。関西大学第一高等学校・関西大学卒。1987年株式会社大一電化社社長就任。その後は会社ヒストリー見てね。趣味は、オーケストラ演奏(トランペット)と読書。