SCAJ2018の熱量

こんにちは。大一電化社・技術部の方違です。

今回は9/26~28に東京ビッグサイトで行われた、SCAJ2018の報告をさせていただきます。

 

このイベントはアジア最大のスペシャリティコーヒーイベントで、

今年は3日間で34,000人以上の来場者があり、昨年の29,000人を大きく上回るほど盛況でした。

現地で私が感じたことは、市場の拡大と携わる方々の熱量です。

イベントでお会いした多くの方は、現在コーヒー業界で勤務しているか、これから開業を予定されているかの方が大半で、

具体的なビジョンと情熱を持って参加されている方が多かったのが印象的でした。

弊社ブースの模様

弊社ブースは、サンレモ社のカフェレーサー2台を使用し、

1台はカフェラテを、もう1台はコーヒーベースのカクテルをご提供いたしました。

 

スタッフは豪華にもラテアートにはジャパンラテアートチャンピオンシップの2018年チャンピオン林 伸治様、

カクテル部門にはコーヒーイングッドスピリッツチャンピオンシップの2013・2015年チャンピオン大渕 修一様、

カクテルワールドクラス2018年準優勝の永峯 侑弥様の3名の方にご協力いただきました。

カフェレーサーを多くの方にお披露目する絶好の機会となり3日間ずっと客足が途絶えず、

カフェレーサーの人気と弊社への関心の高さをひしひしと感じました。

スペシャリティーコーヒーは、今までのカフェラテやエスプレッソの他に、

コーヒーをベースとしたアルコールとの相性が非常に良いのも特徴です。

また、カフェレーサーはWORLD COFFEE IN GOOD SPIRITS (コーヒーにウィスキーやスピリッツを加えて作る、オリジナルコーヒーの世界大会)のオフィシャルマシンとなり、

世界から注目されるエスプレッソマシンとなっています。

これまで市場が異なっていたアルコール業界の方々もまきこんだ市場、コーヒー市場はそんな大きなものになっています。

 

SCAJを終えて

あっという間の3日間でした。弊社ブースを訪れていただいたお客様ありがとうございました。

弊社のカフェレーサーに目を向け、お褒めのお言葉をいただき、大変喜ばしかったです。

弊社がこれまで培ってきた「お客様の期待を超える」という考えをもったスタッフ、従業員と、

大一電化社史上、最も魅力的な商品「カフェレーサー」をお披露目することができ、嬉しく誇らしくありました。

弊社全員の思いをのせてのSCAJの初出店でした。

ご協力いただいたバリスタ、バーテンダー、スタッフの方々ありがとうございました。

来店くださったお客様、これからも大一電化社をどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

上田 隆

1959年奈良県天理市に家電販売店の2代目として生まれる。関西大学第一高等学校・関西大学卒。1987年株式会社大一電化社社長就任。その後は会社ヒストリー見てね。趣味は、オーケストラ演奏(トランペット)と読書。