今年は攻めます!

ご挨拶が遅くなりすみません。

皆様あけましておめでとうございます。

昨年はエスプレッソマシンをとおして、多くの新規店舗オープンのオーナー様やエスプレッソファンのお客様にお世話になりました。

心から御礼申し上げます。ありがとうございました。

今年も「お客様の期待を超える」ことで多くのお客様のお役に立てるよう頑張ります。

今年は為替の変動に加え、消費税アップと舵取りのむつかしい1年になりそうです。

とはいえ、むつかしいのはみな同じ。弊社の知恵と信念そして誠実さが試されるのだと考えています。

輸入業者にとって守りの1年という声も聞かれますが、僕は今年は攻めようと思っています。既存商品の底上げや新製品の開発、セミナーやラテアート大会など加速度的に行いたい。

すでに複数のプロジェクトが同時進行しています。

その一つ「抹茶ラテとほうじ茶ラテ」。

大手コーヒーメーカーやコーヒーショップなどの抹茶ラテで大量の香料と甘味料そして水解けしやすい薬品添加物を使った「抹茶風味のラテ」が多く出回っていますが、弊社が作るならということで京都宇治茶100%の抹茶をミルクに溶けやすいように石臼で超微粒子に加工した「ラテ用高級抹茶」を近日販売いたします。

40gひくのに約1時間かかるとても手間のいる工程を経るのですがおいしさと安全には代えられません。

さらにあまり見かけないと思いますが「ラテ用ほうじ茶」も超微粒子で同時発売。

こちらも安い中国産など使わず100%日本国産ほうじ茶です。

完成した試作品のほうじ茶ラテを試飲しましたが実に香ばしいお茶の香りとミルクの甘い香りが絶妙にまじりあい今まで経験のない上品な味のラテに仕上がりました。

いずれも添加物なしの100%お茶パウダーですので、普通にお茶やお抹茶としても楽しめます。

フォームドミルクがむつかしい場合はホットミルクでも十分おいしいのでエスプレッソマシンの無いご家庭にもお勧めできます。

さきほど、ジャンキーズの大西バリスタがショールームに来られていたので無理をお願いして抹茶ラテのWeb用写真を撮影したところです。発売まであと少しだけお待ちください。

抹茶ラテ

これ以外にも新しい商品の投入が目白押しの2014年前半です。

商品が形になったら、このブログやFB、Webサイトでご紹介していきますね。どうぞ今年も1年よろしくお願いします。

写真は田辺のミカン畑 原農園さんからの眺めと秋津野ガルテンです。原農園1原農園2

原さんには、毎年、年末に農園にお伺いし、新しい刺激をいただいています。

1月からは原農園さんの旬の食べごろ柑橘セットが販売開始です。珍しい柑橘、おいしい柑橘の玉手箱。

原農園さんの新商品も企画中。どうぞお楽しみに!

原農園3

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

上田 隆

1959年奈良県天理市に家電販売店の2代目として生まれる。関西大学第一高等学校・関西大学卒。1987年株式会社大一電化社社長就任。その後は会社ヒストリー見てね。趣味は、オーケストラ演奏(トランペット)と読書。