今年の計画(その1)

今年、弊社では少なくとも二つの大きな計画が形を見せる予定です。

計画その1は現在のWEBサイトの大幅リニューアルです。

今の弊社業務の中で、エスプレッソに関係したWEBサイトは、エスプレッソマシンやアクセサリーのdaiichi-mottainai.comとコーヒー豆、紅茶、フレーバーシロップ、紙コップなどのf-l-daiichi.comの2つのサイトがあります。

この二つのサイトは、ショップの立ち上げ時期が違ったことやコンテンツ作りと受発注のチームがそれぞれ独立しているために、同じオフィス内にもかかわらず二つの別会社がショップ運営しているのと近い状態になっています。

しかも、二つのサイトは、システムが古いために買い物バスケットと顧客登録が連動できず、お客様には毎回ご自分の名前、住所などを入力していただくというとんでもないご不便をおかけしております。

さらに、送料規定がひとつのパターンしかシステムに仕組めない為、弊社の数種類ある直送場所・送料規定に対応しきれず、お客様から注文をいただくたびにスタッフが手計算で正しい送料を再計算しお知らせするという、他のネットショップには恥ずかしくて言えないような時代遅れなシステム運用をしておりました。

創業初期のころは受注件数も今ほどでなく、なんとかマンパワーで対応できていましたが、数年前から強く限界を感じてきました。

そんなわけで約2年前から販売サイトの統合とシステムのリニューアルを具体的に構想しはじめ、システム開発会社の選定と見積り、金融機関との融資交渉を終え、ようやく昨年の3月から新サイトのシステム開発を開始しました。

が、それが予想以上に難航し、年末になっても完成の目途が立たない状況にまで追い込まれ、お客様にお話しすることができないままでした。

年が明けて問題点が順に解決でき、ようやく完成の目途が立ってきました。あとすこしでグランドオープンできると思っています。

新しいサイトでは、daiichi-mottainai.comに弊社の柱であるエスプレッソマシンのメインページを設け、ここでは販売はせずに商品提案と商品説明に重点をおいたサイトにしています。

弊社が日本におけるエスプレッソマシン業界の一翼を担っているという責任感、エスプレッソ文化を日本に広めるという社是を前面に出した見やすくわかりやすい内容になっているとおもいます。

また、販売サイトにおいても、現サイトの不便な点や問題点のほとんどを解消し、取扱商品もさらに増やしました。

現在は、各チームリーダーのもと、新サイトの作り込み、システム点検、バグ探し、今までの二つのチームを一つにするための業務フローの作成など最終段階に入ってきました。

ネットショップにとってWEBサイトは店舗と同じです。新しい店にお客様を早くお迎えしたい・・・。

完成が待ち遠しくてなりません。

計画その2は、・・・。こちらは、来月にはお話しできると思います。

ueda_03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

上田 隆

1959年奈良県天理市に家電販売店の2代目として生まれる。関西大学第一高等学校・関西大学卒。1987年株式会社大一電化社社長就任。その後は会社ヒストリー見てね。趣味は、オーケストラ演奏(トランペット)と読書。