マシンを長く快適にお使いいただくための取り組み

こんにちわ。代表の上田 隆です。

昨年から試験的に開催していた「フォローアップセミナー」。

ようやく定例化ができるようになりました。

東京SRができ、首都圏のお客様が参加しやすくなったことが定例化を前進させました。

このセミナーは、エスプレッソマシンを当社にてご購入いただいたお客様と近日購入予定のお客様に対し、エスプレッソマシンとグラインダーをできるだけ長く、快適にお使いいただく為に開催しています。

きっかけは

当社の修理工房に購入後2年以内の故障で送られてくるマシンを調べると、毎日のクリーニングができていなかったり消耗品を交換していないケース、そして無理な使用でマシンに過度な負担がかかっているケースが故障原因の大半であることが分かりました。

本当ならもっと長く快適にお使いいただけるのに、当社の商談時の説明が不十分なことにも一因があり申し訳ない限りです。

 

そこで、数年前から当社が持つ二つのWEBサイトにエスプレッソマシンの使い方 や メンテナンスのページを作っては改良し、少しずつ充実させていきました。

エスプレッソマシンの使い方のサイトには 「正しい抽出のしかた」 や 「ミルクスチームのコツ」 を写真と動画で分かりやすく説明しています。

メンテナンスのページでは、パーツ名称別、箇所別、周期別の「クリーニング方法」「消耗品の交換方法」を詳しく説明しています。

 

これらの情報は他社マシンにも応用できる内容ですので、弊社でのご購入に関係なくどなたでも参考にできるため、多くのエスプレッソファンにご覧いただいています。

そしてお買い上げいただいたマシンの発送時にラミネートで防水加工した説明ブックを同梱するサービスを始めました。

今までは紙の冊子でしたが、紛失しないよう引き出し奥に入れてしまうお客様が多く、必要な時に取り出せないことがわかりました。

そこで濡れた手でも触れるように防水加工して特に必要な内容を厳選してリングで綴じる工夫をしました。

厨房やお部屋に吊り下げたり近くに置いていつでも見ていただけるようで活用いただいています。

この防水加工の説明ブックは、修理品返送の時にもご希望いただければ同梱いたします。

これらの効果は確実に表れてきて、購入後短期間での故障は大きく減ったのですが、さらにお客様の理解を深めるために、少人数でのセミナーを行いたいと考えました。

 

当社が考えるフォローアップセミナー

フォローアップセミナーを作るときに心がけたけたことは

  • 目的は、マシン寿命を少しでも伸ばすため、正しい使い方や自分でできるメンテナンスとクリーニング方法をわかりやすくお伝えすること。
  • お買い上げのお客様対象ですので、お礼の気持ちも込めて無料で行いたい。
  • 遠方からも来たいと思っていただけるように濃い内容にしたい。
  • 集中して聞いていただくために2~3時間程度にまとめる。
  • 消耗品の交換作業やエスプレッソ抽出のバリスタの技を体験いただけるように少人数セミナーにしたい
  • セミナーの内容や進行に基本は統一しても講師のオリジナリティを出したい

 

昨年から何度か実施しては改善し、試行錯誤の結果、

  • 1部「簡単なメンテナンスとクリーニング編」
  • 2部「正しい使い方と美味しいエスプレッソ、カプチーノの作り方とアレンジメニューの紹介編」

の構成としました。

 

先日開催の本社SRでの様子

メンテナンス編では若手の修理スタッフが講師を務めました。

修理スタッフは、電話でお客様から修理コールを受けることが多いため、どういう表現で説明すればご理解いただけるか、お客様はどこが難しいと感じられるかなど、講師を努めることでよくわかるはず。

そしてなによりもお客様に直接感謝の気持ちをお伝えできます。

 

抽出とクリーニングは当社のバリスタが担当します。

毎月に一度開催しておりますので、イベント申し込みページから日程などご確認できます。

自画自賛で恥ずかしいですけれど、エスプレッソマシン業界で初めて経産省の製品安全対策表彰をしかも2年連続で受賞した企業として、それに恥じない内容の濃いセミナーです。

 

当社全員の思いの詰まったセミナー。

お客様

どうぞ、この「フォローアップセミナー」にご参加いただき、エスプレッソマシンを快適に少しでも長くお使いいただきますようお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

上田 隆

1959年奈良県天理市に家電販売店の2代目として生まれる。関西大学第一高等学校・関西大学卒。1987年株式会社大一電化社社長就任。その後は会社ヒストリー見てね。趣味は、オーケストラ演奏(トランペット)と読書。