エスプレッソマシン専門店 国内最大級の品揃え 大一電化社

無料お見積り・お問い合わせ
0743-63-1070
営業時間 平日10:00~18:00 土曜10:00~14:00(定休日:日・祝)
オンラインショップはこちら▶
無料お見積り・お問い合わせ  0743-63-1070
営業時間 平日10:00~18:00
土曜10:00~14:00(定休日:日・祝)
メールでお問合せ・お見積りはこちら▶
オンラインショップはこちら▶
  1. ホーム
  2. エスプレッソマシンとは-目次
  3. エスプレッソグラインダーとは

エスプレッソグラインダーとは

エスプレッソグラインダーとは

エスプレッソ用の極細挽きが出来るエスプレッソ専用のグラインダーです。

エスプレッソといえばやはりエスプレッソマシンと思いがちですが、エスプレッソは挽き目(グラインド)粉の量、タンピングの具合によって大方決まると言われています。
通常のエスプレッソに対応していないコーヒーミルでは、極細挽きが出来ず粗い挽き目になり、通常のドリップコーヒーなどであれば極細まで挽く必要はありませんが、エスプレッソマシンの力を最大限に引き出し美味しいエスプレッソを作り出すには、 極細挽きが出来るエスプレッソ専用のグラインダーが必要不可欠です。

豆の種類、挽き目やその日の天候、湿度、使用しているエスプレッソマシンの能力によっても、挽き目は変わります。
抽出が早すぎる場合は挽き目が荒く、逆に抽出が遅い場合は挽き目が細い・タンピングのし過ぎ、豆の詰めすぎ、など様々な要因が考えられます。 挽き目が変わるだけで、エスプレッソの命ともいえるクレマの厚みも全く変わってしまうほど、グラインダーは大切なのです。

エスプレッソグラインダーの選び方

おいしいエスプレッソとは

一緒に使用されるエスプレッソマシンのスペック、エスプレッソの提供数、席数によって様々。

挽きを始めるスイッチボタンもマニュアル(ON/OFF操作)・オート(自動停止)・タイマー(キッチンタイマー仕様)・エレクトロニック(挽き時間を設定)と年々進化を遂げています。

エスプレッソマシンの問い合わせ・お見積りはこちら

各部位名称

エスプレッソグラインダー名称

エスプレッソグラインダーの種類

  • ドサー有

    ドサー有

    挽いた粉を一時的に
    貯めることが出来ます。

  • ドサー無

    ドサー無

    挽いた分だけ
    挽き口から粉が出ます。

  • マニュアルスイッチ

    マニュアルスイッチ

    電源スイッチの ON・OFF
    によるグラインド操作。

  • アナログタイマースイッチ

    タイマースイッチ

    電源スイッチをひねることで可動。
    (アナログ式キッチンタイマーと同じ)

  • エレクトロニック

    エレクトロニック

    設定した時間で自動的に止まる。

ブレードについて

コーヒー豆を挽く為のブレード(刃)は鋼で作られていますが、長年使用すると豆の油や汚れさらには磨耗によりブレード同士が合わなくなり、
理想とする挽き加減で挽くことが出来なくなります。
磨耗による劣化の場合はブレードを交換されることをオススメいたします。

また、ブレード内についたコーヒー油の汚れは、グラインダー用タブレット洗剤「グラインツ」によって掃除することができます。
グラインツは、アメリカのUSBC厳しいオーガニック認証を受けたトウモロコシと大豆を使って作った食べても大丈夫なタブレットの錠剤です。

グラインダー用ブレードグラインダー用洗剤「グラインツ」「総合オンラインショップDaiichiF&L」にてご購入いただけます。

ブレードの種類

  • フラット刃

    フラット刃

    フラット刃=高速回転タイプ。
    豆を切るように砕きます。
    歯の直径が大きいほど、挽き時間が早く
    提供数の多い大型店舗向き。

  • コニカル刃

    コニカル刃

    コニカル刃=低速回転タイプ。
    すり潰すように豆を砕き、回転数を抑えることで
    騒音、摩擦熱による豆の劣化が低いとされています。

PAGE TOP