エスプレッソマシン専門店 国内最大級の品揃え 大一電化社

無料お見積り・お問い合わせ
0743-63-1070
営業時間 平日10:00~18:00 土曜10:00~14:00(定休日:日・祝)
オンラインショップはこちら▶
無料お見積り・お問い合わせ  0743-63-1070
営業時間 平日10:00~18:00
土曜10:00~14:00(定休日:日・祝)
メールでお問合せ・お見積りはこちら▶
オンラインショップはこちら▶

エスプレッソマシン修理

修理について

*お客様が弊社を通じず直接、他社にサービス業者に修理を依頼される場合は、すべてのパーツ代および修理費用はお客様負担となります。
*修理部品は多数保有していますが、部品切れの場合国内メーカーと違い部品の取寄 せなど修理完了まで日数がかかります。予めご了承ください。

保証期間中のお客様へ
摩擦、消耗、劣化、故意または不注意による誤った使い方による故障等は保証対象外 になり修理は有料なります。

詳しくは総合ガイド・マシン保証をご覧くさい。

他社購入のマシンについて

コンプライアンスのため、他社でご購入の商品の検査、点検、修理、部品販売、取扱 説明書の販売など一切をお断りしています。

大一電化社での修理

弊社での修理の場合は、不具合のおきたマシンを弊社にお送りいただくか、持ち込みでの受付となります。
お送りいただく前に事前に下記までお電話ください。

弊社にてマシンを購入されたお客様には、営業に差し支えがないよう貸出機をお送 りいたします。(数に限りがございます)

往復送料はお客様負担となります。(保証期間中は無料)

【修理マシン受付】

お送りいただく前に事前に下記までお電話ください。

〒632-0017 奈良県天理市田部町287 修理工房 修理部門
TEL:0743-63-7803/FAX : 0743-63-1116

長期の修理

症状が時々しか出ない場合や、部品在庫の都合でイタリアから取り寄せする場合、複雑な修理の場合は、商品を宅配でお送りください。
その場合、修理日数がかかりますので、ご希望の場合はマシンの貸出しをいたしております。
貸出し用エスプレッソマシンは、1grのタンク式マシンとなります。
ただし、貸出しマシンが全て出ている場合はご容赦ください(レンタル料は有償です)

修理費用

マシンの修理技術料(マシン送料・部品代・消費税別)

弊社で購入いただいたエスプレッソマシン及びグラインダーに関しまして、
購入者であるご本人様が所有されている場合は、購入者割引にて修理させていただきます。

譲渡マシン等に関しましては通常価格での修理となります。

診断料について

お預かり(訪問)の際、修理しなかった場合の診断料、出張料は必要となります。
タンク式のマシンは、宅配業者で送っていただくか持ち込み修理となります。
水道直結の業務用マシンは出張修理が可能です。(弊社購入者に限る。また、地域により出張できない地域がございます。)

なお、出張費、送料(往復)ともお客様負担となります。

ピストンレバーマシン(電気ポンプを使っていないタイプ)の ピストン内部のパッキン交換について

これらのマシンにはホルダー部分のガスケットとは別にピストンレバーメカ内部に複数のパッキンが使われています。 (数年に一度の交換サイクルです。)
パッキンの数が多い為現地での交換ができない場合は出張修理(伺えないエリアあり)にて対応いたします。

出張修理について

出張修理<出張可能エリア>

日本全国をほぼカバーしています。
(離島など契約会社の作業エリアによって一部お伺いできない地域があります。)
契約店との契約は順次進めていきます、ご理解お願いします。

一部の伺いできない地域

お伺いできないエリアについては、出張修理ができません。マシンを弊社に送っていただき修理することになります。
エリア外のメンテナンス会社との新規契約は順次進めていきます、ご理解お願いします。

出張修理 基本営業日と基本営業時間

<出張修理可能な基本営業日>
(基本営業日)月曜-金曜
(土日祝、盆休み、正月は基本外となります。) 基本外の訪問は追加料金が発生します。

<出張修理可能な基本営業時間>
(基本営業時間)9時-18時
基本外の時間帯の訪問は追加料金が発生します。

<修理費の内訳>
出張費+部品代+修理工賃+高速代、駐車場代実費+基本営業日外の割増料金の合計となります。

マシンパーツについて

カートに掲載のないパーツにつきましては お問い合わせください。 パーツ在庫が無い場合は取り寄せに約2ヶ月~5ヶ月程かかります。

ピストンレバーマシン(電気ポンプを使っていないタイプ)の ピストン内部のパッキン交換について

これらのマシンにはホルダー部分のガスケットとは別にピストンレバーメカ内部に複数のパッキンが使われています。 (数年に一度の交換サイクルです。)
パッキンの数が多い為現地での交換ができない為、マシン本体を弊社に送っていただき交換いたします。

PAGE TOP