エスプレッソマシン専門店 国内最大級の品揃え 大一電化社

無料お見積り・お問い合わせ
0743-63-1070
営業時間 平日10:00~18:00 土曜10:00~14:00(定休日:日・祝)
オンラインショップはこちら▶
無料お見積り・お問い合わせ  0743-63-1070
営業時間 平日10:00~18:00
土曜10:00~14:00(定休日:日・祝)
メールでお問合せ・お見積りはこちら▶
オンラインショップはこちら▶

バックフラッシュ

バックフラッシュについて

グループ内部に入り込んだコーヒーカスや油分などを、簡単に洗浄することができます。

バックフラッシュ時は、圧力が高まりホルダーが外れる場合があります。必ず手でホルダーを固定して行ってください。
長い間スイッチを入れたまま放置しますと、ポンプへの負担が大きくなり故障の原因となります。
(ブラインドフィルターと専用洗剤が必要です。オンライショップにて販売中。)

グループ洗浄-バックフラッシュ

【お手入れ箇所】

  • グループ内部

【注意】

以下の機種は、構造上バックフラッシュをするとボイラー内に洗剤が入り込みます。
その場合ボイラー内の洗浄を確実に行う必要があるため、洗剤でのバックフラッシュはお勧め出来ません。

構造上、洗剤を使用してのバックフラッシュをおすすめしていないマシン
 ・ランチリオ シルビア/・イソマック ビーナス/・VBM ドーモバー/・エレクトラ ニボラ・ ミニバーティカル

構造上、バックフラッシュ自体行えないマシン
 ・ピストンレバータイプのエスプレッソマシン
(グループに排水と圧を逃がすためのドレインがないため、ホルダーが外れなくなります。)

ご用意いただくもの

バックフラッシュで用意するもの

【準備するもの】

  • ①ブラインドフィルター
  • ②ホルダー
  • ③マシン洗剤
  • ④ティースプーン

手順

(ボイラーから異音がする場合は直ちに作業を停止してください。)

バックフラッシュの手順1-ブラインドフィルターをホルダーにセット

① ブラインドフィルターをホルダーにセットします。

バックフラッシュの手順2-マシンクリーナーを3g入れる

② ①にティースプーン1杯(約3g)のマシンクリーナーを入れます。

バックフラッシュの手順3-②のホルダーをグループにはめます

③ ②のホルダーをグループにはめます。

バックフラッシュの手順4-抽出ボタン及び抽出レバーを押します。

④ 抽出ボタン及び抽出レバーを押します。

バックフラッシュの手順4-約5~6秒放置したあと、スイッチを切ります

⑤ 約5-6秒後、抽出を止めます。
(7秒以上は放置しない)

バックフラッシュの手順4-ドレイン部分から汚れを出すため、20秒程待ちます

⑥ ドレイン部分から、油が泡状になって排出されるのを約3~5秒待ちます。

バックフラッシュの手順4-②から④の動作を5回ほど繰り返します。

⑦ ④から⑥の動作を5回ほど繰り返します。

バックフラッシュの手順4-洗ホルダーを外し、ブラインドフィルターごとすすぎます。

⑧ ホルダーを外し、ブラインドフィルターごとすすぎます。(残っている洗浄剤を洗い流す)

バックフラッシュの手順4-洗剤を入れずに③と④の動作を10回ほど繰り返します

⑨ ⑧ですすいだホルダーに洗剤を入れずにグループに取付けます。

バックフラッシュの手順4-抽出ボタン及び抽出レバーを押します。

⑩ 抽出ボタン及び抽出レバーを押し、約5-6秒後、抽出を止めます。

バックフラッシュの手順4-排水がきれいになるまで繰り返します。

⑪ グループ内がキレイになると、泡にならない状態で排出されます。
※色、匂いが正常に戻るまで⑨を繰り返してください。

バックフラッシュの手順4-ホルダーを取り外し洗浄します。

⑫ ホルダーを取り外し洗浄します。

バックフラッシュの手順4-ドリップトレイを取り外し洗浄ます。

⑬ ドリップトレイを取り外し洗浄し、十分に乾燥します。

バックフラッシュの手順4-ドリップトレイをマシンに戻します

⑭ ドリップトレイをマシンに戻します。

メンテに必要な商品はオンラインショップにてご購入いただけます。

PAGE TOP