SANREMO社<Opera2.0とCafe Racer>

今回のイタリア出張でROCKET社と同様に、ブースと本社両方に行く予定をしていたのがSANREMO社です。

SANREMO社とは、2007年に弊社が日本で初めて取引を開始しました。

当時のエスプレッソマシン業界は、全自動か一般的なマニュアルマシンがほとんどの時代。
SANREMOのマシンは他メーカーとデザインの違いはあるにせよ、機能は大きくは変わらないマニュアルマシンを中心に製造しているメーカーでした。

ただいま好評発売中のSANREMOのマニュアルマシンZOE

SWAT

数年前にSANREMOのCEOが息子のカルロに代わり、その方針を大きく変えてきました。

カルロCEO

カルロは、世界トップクラスのバリスタ10人で特別チームを組み、世界一の機能を持ったマシンの開発に着手したのです。

チームの名前は「SWAT」。

このSWATについては、特別WEBサイトを作成中ですので完成しましたらこのブログや公式FBでご案内いたします。

Host Milano 2017のSANREMOブースは、他社を圧倒する賑わいで正直も僕も驚きました。

4年前のSANREMOとは全く違う。

驚いたことに、今回のSANREMOブースでは、最新型で超高機能の「Opera2.0」と「Cafe Racer」の2機種のみを複数展示していました。

それ以外のマシンは一切展示していません。

SANREMO社の明確な意思が強く伝わるブースです。

Opera2.0

 

Cafe Racer

詳しい機能は、現在制作中のSANREMO専用サイトでご説明しますね。

近日アップできると思います。

そして、Host終了後にSANREMO本社にて、今後の日本での販売戦略についてCEOのカルロとSWATのメンバーたちとじっくり話し合いをしました。

 

日本での販売は、弊社東京ショールームと本社ショールームと弊社WEBがその戦略の中心であることはいうまでもありません。

そしてこの高機能のマシンを日本で販売するにおいて一番大切なことはアフターサービスです。

経産省の製品安全対策アワードを2年連続で受賞した弊社だからこそ、いい加減なことはできません。

高機能であるがゆえに複雑でデリケートなマシンを日本のお客様に安心してお使い頂くため、SANREMO本社でエンジニア向けのトレーニングを受けることにいたしました。

12月中旬、弊社の3人がイタリア SANREMO社でのトレーニングを受け、クリスマス明けに帰国いたしました。

いずれその模様もブログかWEBサイトでご報告できるでしょう。

さらに先日朗報が。

SANREMO社のCafe Racerが、2018年~2020年の3年間「 World Latte Art Championship」と「 World Coffee in Good Spirits Champions」のオフィシャルマシンに選ばれました!

SANREMO社 Opera2とCafeRacerいよいよ来年早々に弊社にて発売を開始します。

2018年、SANREMO社と弊社にご注目ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

上田 隆

1959年奈良県天理市に家電販売店の2代目として生まれる。関西大学第一高等学校・関西大学卒。1987年株式会社大一電化社社長就任。その後は会社ヒストリー見てね。趣味は、オーケストラ演奏(トランペット)と読書。